読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤティアス布教記録

ヤティアスは我の嫁ですぞwww

【ポケモンORAS】シングルレート2000達成ヤーティ(S16)【役割論理】

皆さんこんにちは、NEOと申します。

今回初めてヤーティでレート2000に到達できたため、記念に書いていこうと思います。

 

 

1.構築について

f:id:y_neo:20160521073805g:plainf:id:y_neo:20160521075431g:plainf:id:y_neo:20160719164441g:plain

f:id:y_neo:20160521092253g:plainf:id:y_neo:20160719164542g:plainf:id:y_neo:20160719164118g:plain

 

今回もメガヤティアス軸のヤーティとなっています。まずはじめに、何故この様な形になったのか説明していきます。これまで様々なメガヤティアス軸のヤーティを試してきましたが、以下の様な構築が最も使いやすいと感じました。

 

メガヤティアス + メガヤンギラス + ヤットレイ + ヤンドロス + 炎or格闘 + 補完枠

 

まず、メガヤティアスはこのヤーティの軸なのでよいとして、メガヤンギは現環境の多くのポケモンに強く、個人的には最優先で採用したいヤケモンだと思っています。ヤティアス、ヤンギ共に場合によってはメガせずに戦う事も可能なため、同時選出できるのも利点の一つです。ヤットレイは単体性能も高く、ガブの逆鱗を初めとした竜技やフェアリーへの引き先としての役割もあるので重要です。ヤンドロスはここまでの3体との相性が良く、鋼にある程度強いのも優秀です。威嚇ゴツメ蜻蛉によりヤティアスを強くサポートできる点も見逃せません。

 

実戦ではこの4体の選出が非常に多く、残り2体で補完する事になります。炎か格闘が入るのはヤンドだけでは不安が残る鋼に強くするためです。(鋼に強ければ他のタイプでも選ぶ事はあります。)今回ヤードランを採用したのはナットだけでは対処が難しいサナや重いガモスにも強いためです。単純にヤティアスとの相性が良く、組み込みやすかったのもあります。そして、ここまでの5体でほとんど補完はできているので、6体目の自由度はかなり高いです。これまではマンムーを意識して水ヤトムにする事が多かったのですが、それだと受けループに非常に弱くなってしまうのがあまりに不快で、某氏の記事を参考にしてメガヤーマンダの採用に至りました。

 

 

2.個別紹介

 

※選出データを取り忘れていた時期があったので選出率は体感で書いています。

 

f:id:y_neo:20160522114623p:plain

ラティアスラティアスナイト 控え目 H252/C248/BD4
流星群/サイコキネシス/草結び/めざめるパワー炎

 

このヤーティの軸。選出率は約5割で2位。バシャやスイクン、電気等、現環境にも役割対象は多いため選出機会もかなり多いです。何といってもその耐久力が魅力であり、メガマンダを強引に突破する事もありました。

技構成については前の記事と同じなのでそちらも参照してください。さらに補足すると、ヤティアス・ヤティオスの強みとして、後出しされるポケモンのほとんどがヤティより遅く、交代読みせずともサブウェポンを通せるパターンが多いという点があります。メガヤティアスにおいて、これを最も生かせる技がめざ炎であり、最近かなり増えたクチートの受け出しを許さず無償で突破できるのは眼鏡ヤティオスにはない利点です。

良い確定数を取れるめざ炎と草結びは、実質的に火力不足を補う事もできていて、そういう意味でも非常に使いやすい技でした。ただし、シャドボは火力が足りず採用しずらいためどうしてもクレセやガルド等が重くなってしまいます。それさえ気を付ければ持ち前の耐久も生かして安定した活躍が期待できるでしょう。

 

f:id:y_neo:20160522114728p:plain

バンギラス@バンギラスナイト 意地っ張り HA252/D4

ストーンエッジ/噛み砕く/馬鹿力/冷凍パンチ

 

選出率は6~7割程度で1位。ゲンガー、マンダ、クレセ、ボルト等、多くのトップメタ達に役割を持てます。これだけ環境に刺さっていながら、種族値の高さを盾にしてタイプ的には不利な相手にも居座るという選択をできるのがメガヤンギの強みの一つだと思います。例えばヤットとヤードはメガサナのハイボ+気合玉を受けきれないため、サナヤンギの対面になった時は居座る事もありました。

因みにガルーラはほとんどヤンギで処理していました。秘密の力や氷・炎技持ちが増えてゴツメ枠やヤットレイによる対策が安定しないためです。ヤンギの場合、馬鹿力を耐えられても砂で何とかなる事が多いのも他のヤケにない利点です。また、ガルーラを落とした後に剣舞を積みにガブが出て来るという展開も多く、冷パンが役立つ場面は非常に多かったです。

 

f:id:y_neo:20160719231532p:plain

霊獣ランドロス@ゴツゴツメット 意地っ張り HD4/A252/B248 ※BU個体のため

地震/ストーンエッジ/馬鹿力/蜻蛉返り

 

このヤーティのゴツメ枠。選出率は4~5割程度で3位。メガヤティアス軸のゴツメ枠としてはヤャラよりも使いやすいです。その理由として、岩等倍のため対ガブが安定しステロにも弱くなりにくい事、タイプ一致で地震を打てるためクチートやガルドに強めな事、蜻蛉返りという優秀な技を持っている事が挙げられます。

対ガブについては、ある程度削れていても逆鱗を誘発できるため、裏での処理を楽にできるのも評価点です。蜻蛉返りについては、浮いている電気を呼びやすいため、通ればヤティアスでの有利対面を作り出せる非常に便利な技でした。ヤティアスでの有利対面は勝利に直結する事も多く、この技の有無はヤャラとの大きな差となっています。

他の技については、アローの処理を任せる事もあるためエッジを、ガルーラ、ポリ2、バンギ等打ちたい相手が多い馬鹿力を採用しました。

 

f:id:y_neo:20160522114806p:plain

ナットレイ@拘り鉢巻 勇敢(最遅) HA252/D4
ジャイロボール/パワーウィップ/叩き落とす/種マシンガン

 

選出率はヤンドと同じぐらいだったと思います。マンムーゲッコウガ等、重い相手の処理を任せる事が多く、選出率はやはり高めとなりました。技については、ポリ2が重めなため叩き落とす、オニゴーリを特に意識して種ガンを選択しました。半減でもゴリゴリ削れる鉢巻ジャイロの破壊力は凄まじく、今期も本当に頼りになりました。このヤーティでは諦めている最速ヘラに勝てる可能性があるのも魅力の一つです。

 

f:id:y_neo:20160719233523p:plain

ヒードラン@拘り眼鏡 控え目 H248/C252/DS4 ※HU個体のため

マグマストーム/ラスターカノン/原始の力/大地の力

 

選出率は約2割で5位。ガルドやガモス、ヤミラミ、フェアリー辺りを止めに行きます。ドランに対する引き先としても重宝しました。また、バンギ、ナットにドランが加わる事で格闘の選出を強く誘導できるのも良かったです。

技について、炎技は襷のジャロやゲンガーに強く、交代読み交代も防ぐ事ができるマグストを選択。命中不安ではありますが構築時の想定通りにいけば選出率は低めになるはずなので多少外し負けしても全体の勝率にはそこまで影響しないだろうと判断しました。

サブウェポンはガモスやリザYの処理に必要な原子の力は確定。4枠目は大地の力かめざ氷で迷いましたが、拘りのめざ氷はリスクも高く起点にもなりやすい事、クチートやリザXが確1である事を考慮して大地の力にしました。

 

f:id:y_neo:20160719231256p:plain

ボーマンダ@ボーマンダナイト 勇敢 H4/AC252

捨て身タックル/ハイパーボイス/流星群/地震

 

受けループ対策に採用。選出率は6位。基本的に受けルにしか選出しません。(受けル以外の相手に選出したのは2回だけでした。)対受けルではほぼ毎回初手でグライを出されたため、ヤーマンダも初手で出していきます。初ターンはハイボを見せて、次のターンに特殊受けへの交代を読み捨て身を打つという流れで崩していきます。また、相手の選出が読みやすくなったり、ラティアスはメガ枠でないと踏んでトリックを打たれたりと選出画面にいるだけでも恩恵を受けられました。

対受けルではヤーマンダ、ヤンギ、ヤットの選出になる事が多く、これだとムドーが重くなるので現在は流星群の枠は大文字になっていますが変更後は対戦していないので使用感については何とも言えません。また、受けに来たバンギを確実に落とすために地震を瓦割りに変えるのもアリかなと思いました。

受けルのためだけにわざわざ1枠割く必要があるのかと疑問に思うかもしれません。しかし、構築の項で書いた通り、このヤーティは上の5体でほぼ完結しており、残り1枠の使い道は自由です。勿論、無視できる程度しか受けルに遭遇しないのであればこの枠はメガヤラクロスか水ヤトム辺りになっていたでしょう。しかし、自分の場合はそうでなかったので…。実際今期もかなり遭遇し(確か15回程)、このヤーマンダにはかなり助けられたので6枠目はこれで間違っていなかったと思います。

 

 

3.選出について

 

基本選出はヤティアス+ヤンド+ヤットです。物理竜に強く、威嚇+蜻蛉返りによりヤティアスが動きやすい選出となっています。また、テンプレ厨パに対しては先発ヤンド+ヤンギ+ヤティアスです。この場合、ガルーラ、ゲンガーとの対面を作れたらヤンギを、スイクンがいた場合はヤティアスをメガシンカさせますが、どちらの方がいいかは状況によって変わってくるのでその都度判断していきます。バシャがいない厨パに対しては、よほど刺さっていない限りヤティアスの選出は控えます。

 

 

4.戦績について

 

f:id:y_neo:20160723064532p:plain

f:id:y_neo:20160723064608j:plain

 

最高レート・最終レート共に2004となりました。本当はさらにレートを上げるために潜りたかったのですが…、今期は通常ヤティアス復権のためにサブロムでも2000を目指していて、結局最終日までそちらで潜っていたため時間が足りませんでした。因みに、サブロムは1951までは来ていたのですが、あと一歩及ばず2000には届きませんでした。

 

 

5.最後に

 

今期は初めてのヤーティでレート2000達成を、愛しのヤティアスと共に成し遂げることができ、とても嬉しく思います。メガヤティアスは火力が足りないとよく言われていますが、サイクル崩しの能力に関しては十二分に高く、とても使いやすいヤケモンです。(正直メガ枠の中ではヘラより強いんじゃないかとまで思っています。)S17では今期は成し得なかった通常ヤティアス入りでの2000達成を目指し、通常ヤティアスの強さを証明すべく頑張りたいと思います。

最後に、この構築は多くの論者の方の考察や記事等を参考にしてようやくたどり着いたものでした。ですので、この記事も高みを目指す論者の皆さんの参考になっていれば幸いです。それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました!

何かあればコメントかTwitterにてお願いします。

 

https://twitter.com/NEO09679881