ヤティアス布教記録

ヤティアスは我の嫁ですぞwww

【ポケモンUSM】レヒレバンギナットwith眼鏡カグヤ(S11最高最終2003)【役割論理】

皆さんこんにちは、NEOです。
今回はシーズン11において、レート2000を達成する事ができたので構築を紹介していこうと思います。


1.構築経緯

f:id:y_neo:20180904145248p:plain

この構築の構想自体はかなり前からあったのでうろ覚えではありますが…
f:id:y_neo:20160522114623p:plainメガラティアス軸の補完としてf:id:y_neo:20180904162841p:plainテッカグヤが優秀なのではないかと思い、色々と並びを模索していました。その結果、リザードンボーマンダ入りのパーティに強くアーゴヨンも楽に対処できるf:id:y_neo:20180313221540p:plainf:id:y_neo:20180313221518p:plainヒレバンギ、ミミッキュキノガッサ等の対策にf:id:y_neo:20180313221555p:plainナットレイを採用。最後にギルガルドをワンパンでき、他のポケモンとも相性の良いf:id:y_neo:20160719231532p:plain霊獣ランドロスを採用してパーティが完成しました。


2.個別紹介

f:id:y_neo:20170719000101g:plainf:id:y_neo:20160521073805g:plain

ラティアスラティアスナイト 控え目
メガ前:187(252)-×-111(4)-178(252)-150-130
メガ後:187(252)-×-141(4)-211(252)-170-130
流星群/サイコキネシス/冷凍ビーム/めざめるパワー炎

バシャーモや霊獣ボルトロスへの対策枠。それ以外には、Yのリザードンが初手に出てくるのが読める時やハッサム軸のサイクルパに対して選出していました。
かなり有効なグライオン対策になるのではないかと思い、今回は冷凍ビームを採用しました。環境に多いHDグライオンならSは上を取っていて冷凍ビームで確定1発です。そのため、身代わりを残されないように立ち回ればギロチンを打たれる事なく処理できるので、実戦でもしっかりとグライオン対策として機能していました。また、ボーマンダに身代わり羽休めから起点にされる事がなくなる、チョッキ以外のランドロスを1発で落とせる、HDサンダーへの有効打になるといったメリットもあり、冷凍ビームのおかげで勝てた対戦は意外と多かったです。
選出率は27%

f:id:y_neo:20180904174643g:plain

カプ・レヒレ@水Z 控え目
175(236)-×-138(20)-161(252)-150-105
ハイドロポンプ/ムーンフォース/めざめるパワー炎/波乗り

役割対象はゲッコウガカバルドンヒードランジャラランガ等。ミストフィールドの効果によりアーゴヨンやメガリザードンXの竜技をバンギラスが安定して耐えられるようにできるので、これらのポケモンを見たら優先的に選出していました。また、今期よく見かけた雨パに対して強いのも良かったです。
バンギラスナットレイを火傷や麻痺から保護できるのは地味に大きく、特にスイクンを相手にする場合はミストフィールドを張ってからナットレイに引く事で安全に対処していました。高いサポート性能がありながら、自らも水Zで崩しに参加できるのでやはり使い勝手が良かったです。
選出率は43%

f:id:y_neo:20180904201150g:plain f:id:y_neo:20180904201207g:plain

バンギラスバンギラスナイト 意地っ張り
メガ前:207(252)-204(252)-130-×-121(4)-81
メガ後:207(252)-237(252)-170-×-141(4)-91
ストーンエッジ/噛み砕く/地震/冷凍パンチ

役割対象はボーマンダリザードンアーゴヨンギルガルドウルガモス等。カプ・レヒレを出しづらい時はこのポケモンゲッコウガを処理していました。ヒードラン絡みのサイクルが重かったのとブレードギルガルドへの安定打が欲しかったので、今回は地震を採用しました。その分ガルーラが重くなってしまったのでこの枠は最後まで迷いましたが、地震ドヒドイデに刺さって勝てた試合もあったのでこれでよかったかなと思います。
また、最近は気合玉や凍える風を採用し攻撃性能を重視したゲンガーが増えていたので、ゲンガーはなるべくラティアスカプ・レヒレナットレイで対面処理するようにし、バンギラスはあくまで最終手段としていました。
選出率は58%

f:id:y_neo:20160719164441g:plain

霊獣ランドロス@達人の帯 意地っ張り
193(228)-216(252)-111(4)-×-103(20)-112(4)
地震/馬鹿力/蜻蛉返り/叩き落とす

役割対象はカプ・コケコ、ドリュウズクチートカビゴン等。ギルガルド、ガルーラ、カミツルギを1発で落とせる火力が欲しかったので今回は達人の帯を持たせました。グロパンからの全抜きを警戒し、ガルーラ入りの相手には先発で出していました。しかし、猫だまし+冷凍パンチは耐えないので、猫だましから入ってきた場合は一旦交代するか捨てるかを選ばなければなりませんでした。また、カミツルギが初手に出てきそうな時も先発で出し、積んでいる間に馬鹿力で処理するという展開も多かったです。
努力値はシーズン6に使った個体の流用で、実戦で何か支障があれば変更するつもりでしたが特に問題なかったので最後までこの振り方で使いました。
技構成はメインウェポンの地震、ガルーラ、カミツルギ等に打つ馬鹿力、ミミッキュとの対面時や対面操作に使える蜻蛉返り、リサイクルカビゴンの木の実やポリ2の輝石を無効にできる叩き落とすとなっています。
選出率は43%、先発率は1位。

f:id:y_neo:20180904220008g:plain

テッカグヤ@拘り眼鏡 控え目
191(148)-×-137(108)-174(252)-121-81
ラスターカノン/エアスラッシュ/大文字/めざめるパワー氷
〔耐久目安〕
 A210メガメタグロスアイアンヘッド+雷パンチを確定耐え
 A197メガメタグロスの冷凍パンチ+雷パンチを99.2%耐え
 A165霊獣ランドロスの撃ち落とす+地震を確定耐え 

メタグロスを1発で落とせる点に注目し、以前から考察していた眼鏡テッカグヤ。役割対象はメタグロスボーマンダフシギバナハッサムカプ・テテフランドロスカミツルギマンムー等。努力値メタグロスへの受け出しを少しでも安定させるため、Bに寄せています。素の火力は低めですが、エアスラの一貫性は非常に高く、眼鏡をかければ安定して負担を与える事ができます。更に、ビーストブーストのC上昇と高耐久が相まって2タテや3タテする事もしばしば。ただし、ロトム等には有効打がない上にボルチェンで不利なサイクルを強いられるので、釣り出しをしたりランドロスで一旦ボルチェンを透かしたりしなければならない事もありました。また、カプ・コケコやゲッコウガのような低耐久ポケモンすら1発で落とせないのでその点を留意して立ち回る必要があります。
メタグロスとの対面においては、眼鏡はまず読まれない上に相手視点だと宿り木で不利な展開になるのを嫌ってか、ほとんどの相手が居座って来たので大文字で迅速に処理する事ができていました。ただし、交代読みで雷パンチを打たれると受け切れないので初手メタグロスが読める場合はなるべくこのポケモンを先発で出していきます。
また、このポケモンを採用する事でボーマンダ入りに対する選出・立ち回りの幅が増えたのも大きかったです。例えば、バンギラスよりラティアスの方が刺さっている場合には迷わずラティアスを選出できますし、バンギラスゲッコウガを対面処理した場合にボーマンダで詰む事もありません。このメリットのおかげでボーマンダ入りに対する勝率はかなり高かったです。元々役割範囲が異様なほど広く、ボーマンダ入り以外の相手でもバンギナットの過労死を防ぎ柔軟な立ち回りが可能になるのが非常に便利でした。
技構成は、カプ・テテフミミッキュ等への遂行技であるラスターカノン、一貫性が高くバシャーモウルガモスにも刺さるエアスラッシュメタグロスクチートナットレイ等の鋼への遂行技である大文字、ボーマンダランドロスへの遂行技であるめざ氷となっています。
選出率は64%

f:id:y_neo:20170719000149g:plain

ナットレイ@拘り鉢巻 勇敢(最遅)
179(236)-160(252)-154(20)-×-136-22
ジャイロボール/パワーウィップ/叩き落とす/種マシンガン

いつもの。今回はテッカグヤを採用した事で上手いこと仕事を分担でき、過労死する事なく活躍してくれました。
選出率は54%


3.重かったポケモン・並び

f:id:y_neo:20180905234928p:plainf:id:y_neo:20160719233523p:plainバナドラン
フシギバナは基本ラティアステッカグヤで見るのですが、どちらもヒードランへの有効打がないので厳しかったです。バンギラスランドロスフシギバナに等倍負担を掛けていくしかなかったです。

f:id:y_neo:20180905235727p:plainテッカグヤ
炎も電気もいないのでゴリ押しするしかなかったです。身代わり持ちは特に厳しかったです。半分回復実が厄介なので可能ならランドロスで叩いてからゴリ押しに掛かるようにしていました。

f:id:y_neo:20180906000958p:plainメガルカリオ
後出しから倒せるポケモンがいないので対面処理せざるを得ないです。ルカリオ入りにはバンギラスナットレイを初手で出すのは極力避けていました。

f:id:y_neo:20180906003653p:plainマリルリ
ナットレイでしか弱点を突けませんが上から馬鹿力が通るので受け出しは安定しません。鉢巻やチョッキ持ちは初手で出てくる事が多かったので、先発ランドロスで威嚇を入れ蜻蛉返りで弱点を突かれないテッカグヤカプ・レヒレに繋ぐという動きを取っていました。


4.戦績

f:id:y_neo:20180906011516j:plain

f:id:y_neo:20180906011729p:plain

前半の112戦は別のパーティを使っていたので、このパーティのみの戦績はレート約1650スタートで115戦73勝42敗となっています。最終日にも潜るつもりでしたが寝落ちしてしまったので最高・最終共に2003となりました。もっと早く2000に乗っていれば2000帯で潜れたと思うのでそこは悔やまれます。これ書くの何度目かわかりませんが2100はまた次の機会に目指します…
それでは、ここまで読んで頂きありがとうございました!何かあればコメント、又はTwitterにてお願いします。

この構築のQRPokémon Global Link
TwitterNEO (@yatias_neo)